LED照明は部屋によって使い分けよう!LED照明の色の種類と特徴


LED照明の種類は大きく分けて3種類

家の中の照明をLEDに変えたいと思っても、どの色のLED照明を選べば良いのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。LED照明の色には種類があり、大まかに「電球色」「昼白色」「昼光色」の3種類に分けられます。それぞれ特徴が異なるため、部屋ごとに適した色を選ぶことで、日常をより快適に過ごすことができます。

リラックスしたい空間には「電球色」

電球色は、白熱電球に似た暖色系のオレンジっぽい色で、暖かい雰囲気を作ることができます。トイレ、風呂、寝室などリラックスしたい空間や、リビングなどの間接照明におすすめの色です。また、赤色を引き立たせる効果があるため、料理が美味しそうに見えるという特徴があります。したがって、食卓がある部屋にも向いています。

あらゆる部屋に適した「昼白色」

昼白色は、人間が最も自然に感じる太陽光に近い色で、あらゆる部屋に適した色です。自然な印象を与えるため、リビングなど長時間過ごす部屋におすすめです。また、太陽光に近いため、正確な色を判断できる特徴があります。したがって、洗面所や化粧部屋など、身だしなみをと整える部屋に使用すれば、外出時に「イメージと違う」といったことを防止することができます。

仕事や勉強をするなら「昼光色」

昼光色は、寒色系の青っぽい色で、クールで清々しい雰囲気を与えます。3つの中で最も明るく感じ、細かい部分まではっきり見えるという特徴があります。仕事部屋や勉強部屋などの作業部屋に設置することで、作業効率が上がることが期待できます。しかし、目が疲れやすいという一面もあるため、長時間作業する場合には適さない場合があります。

LEDライトパネルは、ムラなく均一に広い範囲を明るく照らすことができますので、店舗などの広い空間に使う照明に向いています。