太陽光発電なら電気代を節約しなくても済む?!


オール電化の住宅に太陽光発電

最近では太陽光発電を利用した住宅も多くなってきています。特にオール電化の住宅での太陽光発電のメリットは大きいと言えます。オール電化だと電気代がかかりすぎてしまうというデメリットもありますが、ガスを使用しないのでガス漏れの心配はいりません。電気代を下げるために電気の使用を減らすのは酷な話でしょう。ところが太陽光発電システムを利用すれば、電気を節約しなくても電気代を下げることが可能になります。というわけで今回は太陽光発電を利用することによって得られるメリットについて考えてみましょう。

非常に画期的なシステム

太陽光発電は、太陽の光によってエネルギーを作り出す非常に画期的なシステムです。火力発電や原子力発電に比べれば、かなりエコロジーな発電方法です。太陽光発電を利用することによって自家発電すれば、電力会社からの電気供給を半減させられます。自家発電のさらなる強みとしては、災害によって電力会社から電気が供給されない時でも電気を使うことができるところです。

蓄電池でデメリットを解消

物事には必ずメリットとデメリットがあるように太陽光発電にもデメリットはあります。太陽光発電は読んで字のごとく太陽による発電なので、天気の悪い日にエネルギーを作り出すことは難しく、夜間は一切エネルギーを作れません。ただし日照量の多い昼間の時間帯なら一日分以上の電気量を作り出すこともできますから、 24時間ひっきりなしに太陽の光を集める必要はありません。デメリットを解消するために蓄電池を用意すれば、昼間貯めた分の電気を夜に使うことが可能です。

愛知県の日照時間は全国平均から見ると1割以上長いという事が、過去30年間のデータから分かっています。そう考えると、太陽光発電を名古屋で作るのは、効率面からはよい選択といえるでしょう。