サイトM&Aの利点とは?買い手と売り手の両方の目線から解説


買い手にとってのサイトM&Aのメリットとデメリット

買い手から見たサイトM&Aの利点は、すでに完成されたウェブサイトが手に入ることです。ゼロからウェブサイトを立ち上げるには企画や準備、コンテンツ作成などに多くの時間が必要ですし、人件費もかかります。さらに完成させたウェブサイトを軌道に乗せるためにも労力が必要です。サイトM&Aを利用すれば、ウェブサイトを人手や時間をかけずにお金のみで入手することが可能となるのです。さらに買収したウェブサイトのユーザーが自分が欲しがっているターゲットと同じであればユーザーの獲得にもつながります。しかし、買収したウェブサイトがこれまで通りのアクセス数や利益を出し続けるとは限りません。ウェブサイトに手を加えてさらに利益を追求することもできますが、運営がずさんであればユーザー離れを起こし、損になってしまう可能性もあります。

売り手にとってのサイトM&Aのメリットとデメリット

売り手から見たサイトM&Aの利点の一つは、まとまったお金が手に入ることです。サイトを運営する中ではアクセス数が思うように増えず伸び悩むこともありますが、この時に売却することでまとまったお金に換えることができます。複数のサイトを運営している方にとっては、いらないサイトを整理して伸ばしたいサイトに集中して取り組めるようにするためにも役立ちます。病気や転職などの理由でサイト運営が難しくなった場合にも、お金に換えられるサイトM&Aは魅力的です。デメリットとしては、サイトを売却する際には競業禁止義務が生じることもあり、一定期間は同じようなサイトを作ることができなくなることが挙げられます。また、お金が手に入る反面、収入を手放すことになるので、ある程度先の見通しを立てて取引することが重要です。

サイト売買とは、文字通りウェブサイトを売買することです。サイトM&Aとも呼ばれ、具体的な例を挙げるとGoogleがYouTubeを買収した事例があります。