自分のコンプレックスを解消!小陰唇手術のアレコレ紹介!


小陰唇は手術をすることができる?

小陰唇というのは女性器のパーツの一つで、その形は個人差があります。そのため他人と比較することができないため、どのような形が正常なのか、自分の小陰唇がおかしいのかどうかわからないままにコンプレックスを抱えてしまう人もいます。
そのような人のために婦人科や美容外科で行われているのが、小陰唇の手術です。実施することで形を整えることができるのはもちろん、小陰唇の異常によって起きる症状を改善することができます

小陰唇肥大ってどんな状態?

小陰唇の手術の適応となる症状のケースとして知られているのが、小陰唇肥大と呼ばれる状態です。
これは名前の通り小陰唇が通常よりも肥大してしまっている状態を指していて、小陰唇が性器から大きくはみ出してしまっている人や下着がこすれて痛みを感じる人などが当てはまります。そのまま放置していても何か病気にかかるというわけではないものの、垢や汚れが溜まりやすいため悪臭の原因となってしまうことが多いです。

小陰唇手術の選び方ってあるの?

小陰唇を小さくすることができるのは手術だけなので、手術を実施している美容クリニックや婦人科を探す必要があります。
ここで大切なのが手術の選び方で、切除する方法のほかにも特殊な糸を使って形を整えるという方法もあるようです。医療機関によってどのような手術を行っているのかが違ってくるので、まずは自分がどのような手術を受けたいのか、手術の実際の内容と術後のリスクなどを知っておかなければいけません。
その上で選ぶ時には、手術の症例が多く費用相場から大きく外れていない医療機関を選ぶことがポイントです。

小陰唇 手術とは、肥大した小陰唇をバランスのよい大きさに整えて、小さくする手術をすることで、左右一対のヒダを整えます。