フランチャイズ本部と契約するときに肝に銘じておくこと!


フランチャイズシステムにおけるリスク

フランチャイズシステムを利用して独立をしますと、成功する確率は高くなります。100%成功するとは限りませんが、コストをかけずに独立することが可能です。「コストをかけずに」という点が重要ですが、個人が未知の業界で独立を考えるときのコストは大きなものがあります。例えば、ラーメン業界未経験の人がラーメン店を個人で開業しようとしたとき、味の修行からお店の運営方法、立地場所の選定など時間も費用も想像を超えるものがあります。その開業方法と比べますとフランチャイズシステムを利用する独立は格段のメリットがあります。

しかし、「100%成功するとは限らない」という点にも注意が必要です。成功しないというリスクが「ゼロ」ではないのです。普通に考えますと、独立に挑むときは成功しないこともあるのは当然ですが、それを忘れてしまう人がいます。本来、そのような人は独立する資格がありません。リスクに対する覚悟を持って挑戦するのが独立です。

リスクを最小限に抑える方法

フランチャイズチェーンの本部は技術の修行から経営のノウハウまであらゆることを指導してくれますが、それでもリスクは存在します。そのリスクを抑えるのは当人でしかありません。では、どのようにしてリスクを抑えるかと言いますと、自分で業界を調べて勉強してシミュレーションをすることです。

「本部が説明していることは本当なのか」といったことまで疑って自分で決断することが大切です。契約するのは命令ではなく加盟社の意思で行います。そのことを忘れてしまいますと、開業したあとに後悔することになります。独立で最も大切なことは「あとから後悔しない」ように準備を万全にすることです。

コンビニエンスストアなどの経営のために、フランチャイズ募集に応募したいと考えている方もいるでしょう。そのような場合には、募集情報を比較して自分に合った条件を探すことが大切です。