酸洗いって何?その目的は何なのでしょうか?


酸洗いは金属加工には欠かせない処理です

酸処理は金属の表面を加工する時には、必ず必要となる欠かせない処理です。その方法は、大きく分けると3種類に分類されます。それは「酸洗い」「酸浸漬」「エッチング」の3種類です。「酸洗い」は、金属を酸に漬けて、熱処理によって生じたスケールや頑固なサビを除去する方法です。「酸浸漬」は酸化皮膜やアルカリ被膜を除去し表面を活性化します。「エッチング」は圧延などで生じた変質層を除去します。これらの方法により、メッキを付きやすくしたり、溶接などをしやすくするのです。酸処理には塩酸や硫酸・フッ酸などが使用され、これらの薬品による化学洗浄処理を行います。特にメッキ工程では前処理工程として、酸処理である化研やエッチングが必ず行われ、メッキを付きやすくしています。

酸洗いを実施するには専用の設備が必要です。

酸洗いを素人が行うことは大変危険な行為です。塩酸や硫酸・フッ酸などの人体に有害な薬品を使用する必要があり、酸洗いを行った排水はきちんと処理しなければなりません。直接河川へ流れ込んだら大きな問題とまります。又。これらは揮発性のある薬品でもあり、化学反応で有害なガスが発生することもあるので、排気設備も整える必要があります。これらの薬品は直接に皮膚に損傷を与えますし、慢性中毒の恐れもあり危険です。酸処理を行う施設は届け出や認可が必要で、素人では行えません。「酸洗い」「酸浸漬」「エッチング」は、専門の設備が揃っていて、薬品の取り扱いの経験豊富な専門業者に依頼してください。

酸洗いを施すことで金属加工がしやすくなります。表面をきれいにすることでゴミやホコリを除去し仕上がりも美しくすることができます。